株式会社サマデイ ブログ| 長野県諏訪郡下諏訪町にある総合建築業 | 自由設計でアフターサービスに力を入れています。| 責任施工の建築会社

2018年4月23日月曜日

2週連続 完成見学会(2)

4/14(土)15(日)茅野市にて、 4/21(土)22(日)は諏訪市で

2週にわたる完成見学会には、多くの方のご来場

誠にありがとうございました。

これからも、建築といういう仕事をとおして 皆様に喜んでいただくことを

目指してまいります。



茅野市運動公園のさくら 案内と芝桜

2018年4月14日土曜日

2週連続 完成見学会

4/14)・15
4/21)・22)で完成見学会を開催いたします。

どちらもお客様がこだわりぬいた建物となっています。

是非、ご来場下さい。



2018年3月30日金曜日

高所の確認にドローンを使用しました。

お客様から「軒樋から雨が溢れてくるのでみてほしい」とのご依頼がありました。

建物は4階建てで、屋根に上がるのも危険が伴います。

安全を第一に考えながら、不具合の原因を突き止めるためにドローンを使用して

映像確認を行いました。

結果は当初予測していたものとは違う原因であると判明しました。

高所作業車輌を使って調査を行うより、ずっと低価格で尚且つ安全に調査する

ことができました。

最新機器を取り入れるなど、時代の流れに合わせて現場も変わってきています。

足場を組まなくても安全に確認できます。
4階建ての屋根でも上から全体像が撮影できます。

2018年2月10日土曜日

御神渡り

5年ぶりの御神渡り。

テレビの全国ニュース、SNS等による拡散で連日多くの方が

諏訪湖に訪れています。

多くの人が来諏してくれることは、いいことです。

事故には気をつけてください。

連日の寒さで少し迫り上がりが大きくなってます。

2018年2月1日木曜日

施工事例

住まわれる方のご要望にお応えした住宅の施工例です




オリジナルデザインの内部造作と外観

2017年10月3日火曜日

「社員の子育て応援宣言」





働きやすい職場環境にするために 長野県「社員の子育て応援宣言」に登録しました。

仕事と子育ての両立に限らず 家庭との両立が出来 また個々の能力が発揮出来る働き

やすい職場環境にするため取り組んでいます。










2017年9月26日火曜日

地鎮祭

9月23日 秋の気配がよりいっそう感じられるなか、地鎮祭を諏訪市で行いました。

前日に雨が降り、心配な面もありましたが、雨降って地固まる。良い地鎮祭でした。


これから、お施主様ご家族との打合せも増えてまいりますが、良いアドバイスが出来

ご満足していただけるよう努めて行きます。

工事も安全に工事を進めることは当然のことながら、ご納得いただける建物が

完成するよう気持ちを引き締め進めてまいります。



厳かに式が行われました

2017年7月6日木曜日

平成29年度 全国安全週間

平成29年度 全国安全週間にあわせ、現場の安全パトロールを

実施いたしました。

労働災害を防止するため、全員で意識を高め現場に係るみなさん、お客様、

更には近隣住民の皆様のためにも、安全な現場を目指してまいります。




2017年5月10日水曜日

ZEHの取組みについて



サマデイのZEH普及目標


        サマデイではZEHビルダーとして注文住宅において
      ZEH(Nearly ZEHを含む)の割合を以下とすることを目標としています

    2017年 20%    2018年 20%   2019年 40%   2020年 50% 

        
        平成28年度 完成実績 新築11棟
      

SAMADI「環境宣言」 

  • SAMADIConstructionを以って「環境との共生」を実現します。

  • SAMADIは風と光 再生可能エネルギーを考慮した「新たなパッシブハウス」を実現します。

  • SAMADIは自然との融和を以って「ゼロストレスミッション」に挑戦します。

2017年2月4日土曜日

上棟式


今までの工事の無事と今後も建物が、災いにあわないように感謝、祈願、災い祓いをするためにおこなます。

時代とともに、生活様式が変化し、その意味もすこし変化してきた様に思います。
昔は、上棟式の中で必ずと言っていいほど、餅や銭をまいていましたが、最近ですっかり見かけなくなりました。私が子供の頃も実家では餅投げをして、現場で大工さんにお酒やご馳走を振舞っていた記憶があります。
そもそもなぜ餅まきをしたのか。家をたてることは大きな厄を招くという考えがあり、その厄を避けるために他人に餅や小銭とともに厄を持って帰ってもらったという意味。それと、大昔は家をたてる、こわすということは地域の皆さんによる共同作業であったようです。家をたてるということは裕福である象徴で、その富の一部を地域の皆さんに分け与えあらゆる厄(地域の方の嫉妬も)を避け、地域の皆さんとの暮らしを円滑にしていく思いもあったのかもしれません。

いずれにしろ建物を造るさいのこうした昔からの行事、祭事をとおして、万物に感謝する気持ちと、家族や地域上で人と人が関わっていく上で必要な気持ちみたいなものを、大切にしていきたいと考えます。
ただ時代とともに。それぞれの方の生活の仕方や価値観だったりが、変わってきていますで実際に建てるお客様の気持ちや考えを最優先に、いろいろなことが押し付けにならないよう、進めていかなければならないとも感じています。


O様邸 1月28日 上棟式

2015年9月26日土曜日

メディア掲載


住宅建築専門誌

「住まいnet信州 vol.25」




住まいnet信州vol.25 にこだわりのモデルハウス紹介 P158に掲載されています。
ぜひご覧ください。

お求めは、長野県内各書店・コンビニエンスストア・Amazon.co.jp書籍通販サイトにて